長い歴史の中で、300年以上もの伝統を現代に受け継いでこれたのは、旨い酒が出来たときの喜び、それを飲んでいただける喜び、これがあるからこそです。そしてこの歴史は、地域の皆さんに愛されてきた証でもあります。美味しい宝満山の伏流水と地元の酒米に恵まれ、手造り・手作業にこだわり、酒造りに励んでいます。

お酒の学校1期生 恭子ねぇお帰りなさい会

2010年11月05日
お酒の学校1期生の恭子ねぇがご主人の転勤で、和歌山、福島と廻って、やっと福岡に帰ってきました。再会をお祝いする会が10月28日開かれました。
恭子ねぇは、8月のブラシュアップセミナーで一時自費で戻ってきたのですが、転勤が解っていれば二ヶ月待ったのにと言っていました。とにかく、1期生の中心人物が戻ってきたと言うことで講師を合わせて12人が集まりました。
1期生と初めて会って7~8年経ちます。20代がいなくなり、50代がいるようになりましたが、いつまでも元気です。
1次会も2次会も酒ばかりで、さすがお酒の学校と言ったところです。
このブログは、1期生が中心で見るだろうから、思いっきり写真を多くしました。話している内容は、思い出話と、婚活・恋愛が中心で、僕は少し若返ったような気がします。
皆さん早く幸せになって下さい。


























1次会の終了で、記念撮影


ここからが2次会です









2次会も終了しましたが、名残惜しそうにしばらく話していました。






  


▼福岡県で一番古い酒蔵です。大賀酒造 清酒・玉出泉
 大賀酒造ホームページ http://www.ogashuzo.com
Posted by 大賀酒造 at 10:51Comments(0)

福岡空港で試飲会

2010年11月05日
10月26日から11月1日まで、福岡空港の搭乗口の近くで、試飲会をさせて頂きました。
秋の酒蔵祭りに始まり、試飲会続きで大変ですが、頑張らなければ行けない時期なので、泣き言は言えません。
今年の春によく売れたので、秋にもと要請が有り、させて頂きました。従業員もさすがに疲れているようなので、土日はお酒の学校の11期生に声を掛けたら、喜んでお手伝いをしていただき助かりました。
200mlの角瓶は、ここでよく売れるだろうと作った物で、予想通り良く売れました。
ひやおろしは良く売れ完売しました。他に、純米大吟醸・吟醸焼酎太宰府・にごり梅酒・菅公の酒が良く売れました。


初日は、私が売場に立ちました。




土曜日に手伝っていただいた、11期生の須部さんです。


土曜日は、台風が関東に接近し引き返すかもと言う条件付の運行や欠航もあり
お客様が少なく苦労をされたようです。でも、元気良く声掛けをされて、
売場の方にも評判がとても良かったです。ご苦労様でした。


日曜日に手伝っていただいた、11期生の岩崎さんです。
この日はお客様も多く、順調に売っていただきました。
順調すぎて、売り切れが発生してしまいました。
もう少し売りますと、予定に時間を過ぎても頑張って頂きました。
ありがとうございました。


偶然、嵐号が停まっていました。


NHKで年末にある「坂の上の雲」号です。
3~4年掛けて放送されている、幕末から明治にかけての物語で、楽しみにしています。
1期生のしおりんに教えてもらい、はまってます。
  


▼福岡県で一番古い酒蔵です。大賀酒造 清酒・玉出泉
 大賀酒造ホームページ http://www.ogashuzo.com
Posted by 大賀酒造 at 09:25Comments(0)