長い歴史の中で、300年以上もの伝統を現代に受け継いでこれたのは、旨い酒が出来たときの喜び、それを飲んでいただける喜び、これがあるからこそです。そしてこの歴史は、地域の皆さんに愛されてきた証でもあります。美味しい宝満山の伏流水と地元の酒米に恵まれ、手造り・手作業にこだわり、酒造りに励んでいます。

第133回 24名社 新嘗祭

2010年11月29日
第133回24名社新嘗祭が11月23日に行われました。
約133年前の明治10年頃と言えば、西南戦争の頃です。
更にその1~2年前に、二日市八幡宮の氏子有志でお伊勢参りをしたそうです。その時に一緒に行った24人で、今後二日市八幡宮を護り盛り立てようと「24名社」を作ったそうです。基金を作り、年間の行事や特別の行事の際等常に支えてきたようです。
毎年、11月23日の午後3時から、総会が行われ、1年の活動報告と決算報告が行われた後、新嘗祭のお参りをして直会をします。参加者は18名程度で創立当時から3~4代目の方が多いようですが、遠くは関東からもこの会を楽しみに来られます。


二日市八幡宮は銀杏が紅葉して綺麗です。


総会の開始です。


133回目の総会です。


梅野洋充宮司です。




総会が終わり新嘗祭の開始です。


新嘗祭が終わり、当番の方が御神酒を注ぎます。


三々五々直会の会場へ


直会の開始です。


当番の方による挨拶です。


和気相合で、1年ぶりの話が弾みます。


一番賑やかな吉広さんです。酒豪です。
この方のお陰で、賑やかになり、直会には必要な方です。


当番の引き渡しの儀式「当渡し」を始める挨拶を当番がします。




今回に当番三人と次回の当番三人が宮司さんを挟んで向かい合い、
あいだに、大中小の杯と蜜柑と大根の輪切りが置かれます。
小の杯から、注がれた酒を一杯ずつ飲んで回します。






周りからは、もっと注げと声が掛かり、本日一番の賑わいです。


最後は、大杯に並々と注ぎ宮司さんが最初で全員が飲みます。






食事の最後は、大根おろしが並々と乗ったご飯で締めます。
飲んだ後は、これが旨いんです。




会の終わりは、祝い目出度と博多手一本で締めます。


▼福岡県で一番古い酒蔵です。大賀酒造 清酒・玉出泉
 大賀酒造ホームページ http://www.ogashuzo.com
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。